bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

これは美味しい!「クロ・デュ・モン・オリヴェ・シャトーヌフ・デュ・パプ」!ヒグマの料理と合わせて頂いてみましたよ~!

image_1

今月の頭、ひょんなことから知り合った
東京のハンターの方を自分の猟場にご案内しました。

折角北海道に来るんですし、
ヒグマの料理を一緒に食べましょう!とお誘いしたんですが、
その時にレストランへ持ち込ませてもらったワインの1つがこちら。
(もう1本は先日記事にしたバアン・オー・ブリオンです)

image_5

「クロ・デュ・モン・オリヴェ シャトーヌフ・デュ・パプ2000」

です!
おまけにこれは

「キュヴェ・ド・パペ(祖父)」

という冠名がつけられたスペシャル・キュヴェで、
最近ですと2000年、2003年、2004年にしか作られていません。

image_0

購入したお店は中標津にある「山本商店」。
いや~、ここは凄いですよ。

この店の外観を見て、ワインショップと
一発で言い当てられた人はエスパーだと思います(笑)。 

しかもここ、ただのワインショップではありません。
フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど世界各国のワインが…

なんと40,000本!!!

も貯蔵されているというんですから驚きです。

しかも中に入ってみるとわかるんですが、
きちんと温度管理されていて日光も遮られているんですよね。
ちゃんと「カーヴ」になっているんです。

こんなお店がうちのそばにもあったらいいな~と思うんですが、
同じ道東でありながら、我が家から山本商店までは車で軽く2時間以上。

北海道広いな~と思います(^_^;)。


image_0

さて、この 「クロ・デュ・モン・オリヴェ シャトーヌフ・デュ・パプ2000」ですが、
実に美味しいワインでした。

今回お料理をお願いしたレストランの方に

image_4

「今回のヒグマならシャトーヌフ・デュ・パプかな~」

と言われて(大して知識の無い鈴木は言われるがまま)買ってきたのですが、
これがもう、バッチリでした。

image_3

香りがただ単に複雑というのではなく、
様々な種類の香りがちゃんと識別できるといった感じでしょうか。
ブラックベリーやカラントだけでなく、ちょっと土っぽい感じと、
火をつける前のタバコのような香りも少しだけ。

タンニンは滑らかになっていますが、
まだまだ…あと10年以上寝かせたいくらいに思いました。
そしたらもっとシルクのような舌触りになるはず。

image_2


美味しいワインでしたねぇ。
価格はちょっと高いかもしれませんが、
他のウン万もするものに比べたらお手頃と言えます。
15年は寝かすつもりで買えば、かなりいいお買い物だと思いますよ。




【 クロ・デュ・モン・オリヴェ シャトーヌフ・デュ・パプのワイン一覧! 】

折角なのでこのドメーヌのワインを色々紹介していきますね。


まずはわりかしお手頃な2011年のものから。
難しい年だったそうで価格的には安いんですが、
パーカーポイント90点という高評価。

というのも、この蔵、ブドウの木の平均寿命が

65年

なんですよね。
それを大樽で18ヶ月も寝かせているわけですから…
平均点が高くなるのもむべなるかな。


こちらは2008年。
値段的には2011と殆ど変わりませんが、
評価的には2011より少し軽いとのこと。

ただその分3年のアドバンテージがあるので、
熟成させればかなりいい感じにこなれてくることでしょう。
早く飲みたい!でも安く!という方に。


最初の方で話題に出した「キュヴェ・ド・パペ(祖父)」の、
2004年バージョンがこちら。

今回飲んだ感じからするとまだまだ寿命が長いと思いますので、
10年~20年は寝かしたいところですね。


最後がこちら。
リンク先には液面の写真も写っていますが、
い~い感じに熟成しているんじゃないでしょうか!

これは飲んでみたいですね~。絶対美味しいですよ。
同じ値段でボルドーのちょっといいモノを買おうと思ったら、
全然これより高くなっちゃいますからね。お買い得だと思います。


【 当ブログのジビエ系一番人気記事 】
誰でもできて絶対失敗しない、超簡単なエゾシカローストレシピ! 

焼きすぎるとすぐに硬くなってしまう鹿の肉を、絶対失敗せず柔らかくジューシーに調理できる方法をご紹介しています。
工程も非常に少ないのでぜひお試しください。 
 


当ブログのヒグマ料理関連記事はこちら!
(2017年4月18日現在)

『ヒグマのロースト食べ比べ 0歳・1歳・6歳 ソース・グランヴヌール』!!濃厚なソースに赤ワインが合いますね~。

 ・「コトー ブルギニオン ルージュ レトルデロイーズ」は軽めでなかなか美味しいブルゴーニュ!エゾシカのコンソメ、パルマンティエ、ヒグマの掌のパイ包みと一緒に頂きました!

ヒグマのポトフ第2弾!コンビーフならぬ「コンヒグマ(?)」を使った簡単ポトフをご紹介!

熊の手の煮込み(ヒグマの掌) 蜂蜜と赤ワインビネガー風味!まったりトロトロの肉球部分はゼラチンたっぷりで美容にも効果有り!?

リアル・ゴールデンカムイその3!ニヘイゴハンの「心臓焼きましたッ」を作ってみましたよ~!

リアル・ゴールデンカムイその2!ヒグマの肉とオソマ(味噌)を使って「ヒグマ汁」を作ってみましたよ~!

これは美味しい!「クロ・デュ・モン・オリヴェ・シャトーヌフ・デュ・パプ」!ヒグマの料理と合わせて頂いてみましたよ~!

ヒグマのバラ肉を使った赤ワイン煮込み!実に上品な味わいでお勧めですよ~!

激ウマ!牛すじの煮込みならぬヒグマのすじ肉で作る「ヒグマのスジ煮込み」は絶品ですよ!

ヒグマとエゾタヌキのハツ(心臓)を食べ比べ!合わせるのは勿論北海道限定のビール「サッポロ クラシック」です!

リアル・ゴールデンカムイ!ヒグマのオハウ(ヒグマのチタタプ入り)を作ってみましたよ!

シャトルシェフで作る、ヒグマのポトフのレシピ!ジビエ料理とは思えないくらい、あっさりとした上品な旨みが楽しめます!

ヒグマのポトフにイタリアの黒ブドウ「サンジョヴェーゼ」100%で造る白ワイン「レ・ロッケ・マラテスティアーネ アンティカ・マリネリア ルビコーネ・ビアンコ」を合わせてみました!

ヒグマの腿肉でコンビーフ作り!圧力鍋で意外と簡単にできちゃいました!合わせるお酒はやっぱりウイスキー?

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。