bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

天ぷらにバッチリ!吟醸でありながら料理の邪魔をしない「相模灘 純米吟醸 無濾過 山田錦」は女性にも人気でした!

image_5

しばらくワインやジビエの話題が続いたので、
ここらで一つ日本酒の話題も入れていきましょう。

先日両親宅の天ぷらホームパーティで我々が持参したのが、


相模灘 純米吟醸 無濾過 山田錦

です。
信頼のおける町の酒屋さん(かなりレアなものも取り扱っています)で、
妻が「天ぷらに合うお酒ってありますか?」と質問したところ、
このお酒を出してくれたそうなのですが…

image_2


めちゃめちゃ合いました(笑)。

吟醸は吟醸でも純米吟醸なので香りが抑えられており、
天ぷらのように油は強いが味の濃くない食べ物でも邪魔をしないんですね。
で、適度に冷えてかつ後味はすっきりしているので口直しに丁度いい感じ。

ちなみに、純米じゃない吟醸の方には醸造アルコールが添加されているんですが、
吟醸酒の香りの成分は醸造アルコールに溶けやすいという性質があります。
なので、純米吟醸に比べると吟醸の方が香り高くなるんですね。

image_0

冷奴や白身魚のお刺身のように、
あっさりした料理の場合は香り高い吟醸酒も合うと思いますが、
天ぷらの場合は吟醸香が強いと油の香りとバッティングして
全体のイメージがバラバラに感じます。

かといって純米酒だと、酒の旨みが前面に出すぎてくどく、しつこくなります。

というわけで、
ここでのベストチョイスは確かに純米吟醸!

今回飲んだ「相模灘 純米吟醸 無濾過 山田錦」は、
決して強烈な個性のあるお酒ではないのですが、
いくら飲んでも飲み飽きしない、実にバランスのいいお酒でしたね。



それが証拠に、四合瓶はあっという間に空いてしまいました(笑)。

image_6


蔵元の久保田酒造さんは1844年創業と歴史のある酒蔵なんですが、
2006年に杜氏さんがいなくなってしまい、それからは蔵元の兄弟が2人で
切り盛りしているそうです。

総生産量で250石ということですから、とても小さな蔵です。
こんな北の最果ての地で購入できるのは本当にありがたいことですね。

ネット販売しているお店のページを調べてみたところ、
こちらの蔵は

香り高く、派手さがあり、味にインパクトがあるお酒が出回る中、
飲み飽きしない、無理なく体に入っていくニュートラルな味わいが魅力


とのこと(上記カッコ内を引用させて頂きました)。

なるほど、まさにその通りの感想を抱きました。
最初から食事に合わせることを前提で考えられた日本酒だったんですね。


これは美味しかったです。
常備しておきたい日本酒の一つになりました。


 

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。