bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

イケダハヤトさんはなぜ「VALU」で時価総額トップに立つことができたのか。他者にメリットを与えられる人が勝ち残る時代。

business-1989126_640

これまでの記事で何度か「VALU」を紹介してきましたが、
今回はプロブロガー「イケダハヤト」さんの話題を中心に、
彼がなぜ「VALU」で時価総額トップに立つことができたのか考察してみたいと思います。

最初の段落は「VALU」に関する簡単な説明なので、
「なぜイケダハヤトさんの株価が上昇したか知りたい!」
という方は
イケダハヤトさんの株価はなぜ上昇したのか?他者にメリットを与えられる人が勝ち残る
をクリックしてみてください。

※「VALU」へ参加するには仮想通貨のビットコインが必要です。
仮想通貨自体「よくわからん」という方は、
当ブログの超初心者でもわかる仮想通貨投資口座」 をご覧ください。
多分ネット上で一番専門用語が少ない仮想通貨の説明記事だと思います(笑)。
 


■目次
1. 頑張る人、それを応援する人、両者に利益をもたらしてくれるのが「VALU」
2. イケダハヤトさんの株価はなぜ上昇したのか?他者にメリットを与えられる人が勝ち残る
3. Facebookへの登録義務を必須にしたのが「VALU」の上手さ
4. 「VALU」で投資するにはビットコインが必要





頑張る人、それを応援する人、両者に利益をもたらしてくれるのが「VALU」

まずは「VALU」そのものが初耳という人に対して簡単に。
VALU」は「自分を上場させて、一般の人から資金を募ることができる」というサービスです。

例えば…

「何かを成し遂げたい人」は、
VALU」で株券(VA)を発行して資金を募り、
追い求める夢や成功に近づくことができます。

一方「それを応援する人」は、
応援した人の知名度の上昇に伴って株券(VA)の価値が上がるため、
金銭的なリターン(キャピタルゲイン・売却益)を得ることができます。

頑張る人、そしてそれを応援する人の両者にメリットがあるサービス、
それが「VALU」というわけです。


ちなみに似たようなサービスに「クラウドファンディング」がありますが、
こちらは「人」ではなく「アイディア」を投資対象としています。

「アイディア」は割と客観的に評価できると思いますが、
「人(の能力)」というのは一律には評価しにくいですよね。

なので、「VALU」開設当初にはイケダハヤトさんや堀江貴文さんなど、
既にネット上で知名度のある人の株券(VA)が沢山売れました。

人となりや実績がよくわからない無名の個人の株を買って損するより、
実績を挙げている有名人が発行する株を買いたいと思うのは当然
の心理です。

VALU」をマネーゲーム、信者ビジネスと糾弾する向きもあるんですが、
個人的にはそれはちょっと違う…というか叩く方向が見当違いかなと思っています。
次の段落で少しまとめてみますね。



イケダハヤトさんの株価はなぜ上昇したのか?他者にメリットを与えられる人が勝ち残る

VALU」で時価総額1位を獲得したイケダハヤトさんですが、
彼は自らのブログで頻繁に「お金を稼ぐ方法」や「有望なファンドの情報」、
その他様々な投資に関する情報を紹介しています。
面白いところでは漫画のセール情報なんかも発信していますね。

何万人といるであろう彼のブログの読者は、この情報を

「価値のあるもの」

として受け取っているはずです。

これはつまり、

イケダハヤトさんは多くの人に有益な情報を提供している」

と言い換えることができます。


そしてこのことに注目してほしいのですが、

「自分の周囲2~3人にしか有益な情報を話さない人」



「自分の知り合い全てに有益な情報を教えてあげる人」

では、後者の方が人から高い評価を受けます。当然のことですね。


イケダハヤトさんは私に有益な情報を提供し続けてくれた」

と考える人が多かったから、「VALU」における

イケハヤ株の価値は急上昇した

わけです。

彼は形のある商品を売っているわけではありませんが、
ブログ読者が求める有益な情報を「商品」として提供し続けていました。

彼の株価が急上昇したのは、多くの読者に良質な商品を提供し続けたことに対するリターン

なのです。
そう考えると、なぜ彼の株価が上がったのか非常にわかりやすいですよね。

実際今回も、イケダハヤトさんは「VALU」をいち早く自分のブログで紹介し、
ブログ読者もお金を稼げるような状況
を作りだしました。

もちろん自分が稼ぎたいという思惑もあるでしょうが、
それだけではなく他者に対しても稼げるチャンスを提供しています。

今回の「VALU」におけるイケハヤ株高騰は、
彼のこれまでの行動が支持された結果とも言えるのです。

ちなみに「信者ビジネス」というのは、
教祖以外儲からないようなものを指す言葉だと思うんですよ。

イケダハヤトさん信者でなくても稼げるような情報を今回提供しているので、
これは「普通のビジネス」であり、「信者ビジネス」という言葉はあたらないのではないかなと。



Facebookへの登録義務を必須にしたのが「VALU」の上手さ

ここまでの話で皆さん気付かれたかと思いますが、
ブログの読者に対して「価値のある情報」を提供し続けることができれば、
イケダハヤトさんの株価は更に上昇し、安定するものと思われます。
実際彼は自らのブログで「長期保有できる株にしたい」と語っています。

同じように、「VALU」で上場した他の人達も、
自分の株(VA)を買ってくれた人に何らかの形で「価値」を感じさせることができれば、
株価は上がり、安定していくはずです。

一方、「資金を集めただけでそれ以降何の動きも無い人」や、
「口先だけで実際に事業を始めようとしない人」が登場してしまうと、
支援者は株(VA)を買ったはいいけど売れないという状況に陥ってしまいます。

しかし、「VALU」はそういった状況に対しての防波堤として、
個人の上場条件に「Facebookアカウントの登録」を義務付けています。

つまり、

株価が下落しそうな行動を取ろうとすると、
Facebookで繋がっている人達に
全てモロバレとなってしまう

わけです(笑)。

この辺が「VALU」は上手だな~と思いますね。
個人とはいえ上場して他人からお金を集めるんだから覚悟が必要だよ、
と自然に理解させるつくりになっています。

逆に言うと「VALU」に上場してくる人というのは、その時点で
「自分に自信がある」人、
「何かをやり遂げる意志がある」人、
「逃げない」人、
であるということになります。

そういう意味で、「VALU」に上場している人達は基本的に優良な投資対象と言えるのではないでしょうか。

もちろん詐欺師というのはどこにでも現れるので完全ガードはできないでしょうが、
この防波堤があることで「VALU」はこれから先もきちんと機能していくはずです。



「VALU」で投資するにはビットコインが必要

さて、そんな「VALU」ですが、
投資するには「ビットコイン」が必要になります。

「ビットコイン」は今流行りの「仮想通貨」というやつですね。
ちょっと勉強するとわかりますが、今の仮想通貨はセキュリティ面で非常に優れています。
まだ黎明期なので値動きが半端無いですが、今のうちに手に入れておいて損はないですよ。

さてそんなビットコイン、購入先は色々ありますが、
鈴木がお勧めしているのは「Coincheck(コインチェック)」と「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

こちら(↓)が…

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
Coincheck(コインチェック)」で、

こちら(↓)が…
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyer(ビットフライヤー)」。

どちらも登録手続きは非常に簡単(身分証明書のご用意はお忘れなく)で、
おおよそ3~5分ほどで完了します。

様々な仮想通貨に投資できる「Coincheck(コインチェック)

ちなみにさまざまな種類の仮想通貨を扱っているのは「Coincheck(コインチェック)

なので仮想通貨そのものへの投資も検討しているという方はこちらがお勧め。
インターフェースも全般にシンプルで…

coincheck

こんな感じ。
ごちゃつき感が少ないので、初心者の方でも操作しやすいと思います。

coincheck2

また「Coincheck(コインチェック)」のログインページは、
仮想通貨の値動きを一覧で見られるようになっています。結構便利。
この記事を書いている時は「Lisk(リスク)」が20%以上の爆上げでした。


人気の高い3種の仮想通貨に特化「bitFlyer(ビットフライヤー)

一方の「bitFlyer(ビットフライヤー)」ですが、
こちらは取り扱っている仮想通貨が「ビットコイン」と「イーサリアム」の2種類のみ。
(2017年7月15日より「ライトコイン」の取扱も始まりました)

実はビットコインとイーサリアムだけで仮想通貨全体の時価総額7割を占めているため、
bitFlyer(ビットフライヤー)」は人気と安全性が伴った仮想通貨のみを対象とした取引所といえます。

インターフェースは…

bitflyer

こんな感じで、証券会社のウェブサイトと似たようなつくりです。

パッと見た感じだと複雑そうに見えるんですが、
実際の取引ページはごくシンプルで直感的に操作しやすいですよ。
例えばビットコインの購入画面は…

bitflyer2

こんな感じ。
ビットコインとイーサリアムの大手2種+ライトコインしか使わないという方は
bitFlyer(ビットフライヤー)」がお勧めです。

時間を見てこれら仮想通貨取引サイトの登録方法も記事として起こしていく予定です。
まずはビットコインをいくらか確保して、「VALU」の投資に慣れてみてくださいね。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。