bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

女性受け抜群!赤ワインでも白ワインでも合う「エゾシカのリゾット」!使いにくい鹿の腕肉の保存方法もお見逃し無く!

image_15

こんばんは、鈴木です。

エゾシカの前足の肉(腕肉)は筋張っていて硬く、
かつ大きな肉塊が取りにくいので捨ててしまう方も多いようです。

しかし、きちんと下処理さえすればとても美味しい部位だと思います。
ロースなんかは火を通しすぎると粉っぽくパサついてしまいますが、
そういった心配が無い(むしろ適度な弾力になる)のも腕肉のいいところ。
丁寧に精肉して保存すればひと家族で半月くらいは楽しめますよ。
(さすがに毎日毎食食べてたらすぐ無くなっちゃいますが…)



image_12

そんな腕肉を使って、今回はリゾットを作ってみました。
先日作ったエゾシカのコンソメスープがジュレ(煮こごり)になっていたので、
これをフォン(出汁)代わりに使って作ります。


image_14

材料はこんな感じ。
エゾシカの腕肉は精肉後スライスしてオリーブオイルに漬けてあります。
これは隣町の先輩ヒグマ猟師さんから教わった下処理法なんですが、
柔らかくなって風味が付く上、空気と触れないため日持ちするという、
鈴木が知っている限りでは最高の保存方法です。

つい最近読んだ

ル・マンジュ・トゥーの全仕事 [ 谷昇 ]

ル・マンジュ・トゥーの全仕事 [ 谷昇 ]
価格:4,320円(税込、送料込)




こちらの書籍でも鹿肉をサラダオイルに漬けていましたね。

こういう料理の専門書でなければ載っていないような技術を、
熟練のハンターさんは自ら研究して編み出しているわけで…
本当に参考になります。


image_0

こちらは水とエゾシカのコンソメジュレ。
とても濃厚でいいダシが出ているので、大さじ1杯半もあれば十分。

image_1

ちょっと贅沢に、オーガニックのオリーブオイルなんかも用意してみましたよ。



また今回は野菜を色々摂りたいなと思っていたので、
根菜を中心に野菜も沢山準備しました。
ただ、シンプルにやるならタマネギだけでも無問題。

作り方は鶏肉などのリゾットと同じ。

image_3

オリーブオイルでタマネギとニンニクを炒めて…

image_4

ニンジン投入。

image_5

エゾシカも入れて軽く炒め…

image_6

白米(これは無洗米です)を入れ…

image_7

残りの根菜、

image_8

白ワインを投入。



image_9

水とエゾシカのコンソメを3回に分けて入れ、

image_11

米に火がアルデンテに通ったら…

image_12

粉チーズや塩胡椒で調味して完成!!!
ほんのりとエゾシカのダシが利いていて、薄味なのに後引くうまさ!

image_13

今回はエゾシカのコンソメをダシ汁代わりに使っていますが、
別にガラスープだろうが野菜ブイヨンだろうが、家庭で食べる分には
十分美味しく仕上がるのでご安心を。



エゾシカなので短絡的に赤にしようと思っていましたが、
思ったより優しい味わいなので白ワインのちょっとコクのあるやつを合わせることに。

image_2

今回のワインはカリフォルニア州のシャルドネを使った、

「サイクルズ グラディエーター」


です!

雑誌「一個人」で2年連続アメリカ白ワイン部門1位を
獲得したのでご存知の方も多いとは思いますが、
コクのあるシャルドネが好きな方には本当にお勧めのワインです。
フランスワインより遥かに経済的ですしね。

今から約20数年前、僅か10ドルのカベルネでパーカーポイント94点を叩き出した
「ハーン・エステーツ」というワイナリーがありますが、この「サイクルズ グラディエーター」
を生み出したのはこのハーン・ワイナリーの醸造家だそうです。

輸入元のサイトに詳しいので、もし良かったらご覧下さい。

とてもバランスの良い味わいで、
ネット上で見る評価(クリア・シャープ)に比べて
自分が飲んだ時はムルソーのようなコクを感じました。

image_12

もちろんあそこまで濃厚なコクではありませんが、
ボリューム感と余韻の長さでそう感じたのかもしれませんね。

また、今回は開けてから3日ほど経っているのですが、
それほど極端に味が落ちていませんでした(普通に飲めました)。
これはやはりしっかりしたつくりをしているなと思った次第です。

image_13

実にいいワインで買い損はしないと断言させて頂きます。
ぜひお買い求めあれ!そしてこれはエゾシカとも合わせられますよ!


【 当ブログのジビエ系一番人気記事 】
誰でもできて絶対失敗しない、超簡単なエゾシカローストレシピ! 

焼きすぎるとすぐに硬くなってしまう鹿の肉を、絶対失敗せず柔らかくジューシーに調理できる方法をご紹介しています。
工程も非常に少ないのでぜひお試しください。 


Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。