bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

インクジェット・レーザーどちらの場合でもトナーは純正に限ります!

I800328136310

鈴木の使っているインクジェットプリンターはPIXUS900PD。
独立当初に購入したものなので、既に13年間も愛用し続けています。

その間故障はゼロ。
最近ようやく動きが少しおかしくなってきたので、
そろそろ買い換えようかと考えていますが、
これだけ使えばもう十分過ぎるくらい元は取ったと言えますね。

ちなみに仕事で使っているものなので、
使用頻度は家庭のものよりは高いです。
にもかかわらずこの長寿命。

その理由として考えられるのはやはり…

「メーカー純正インク・トナーの使用」

かな~と最近思っています。
というのも、お客さんのところで使っているプリンターは、
(鈴木のところより使用頻度がはるかに高いというのもありますが)
ものの2、3年でダメになっちゃうんですよね。


特にインクジェットプリンターのインクに関しては、
リサイクルインクはなるべく使わない方がいいような気がします。
どうしても純正より粘度があるので、詰まりが早いんじゃないかと。

厳密に調査したわけではないので言い切ることはできませんが、
実体験を元にそう感じているので参考にしてもらえたら嬉しいですね。


ネットでインクを買うならやはり
 
が無難かと思います。
純正品でもワケあり品とかアウトレットだと安いんですが、
半額になるとかそこまで極端ではないので、
製品寿命を縮めてまで選ぶ必要もないかなと。



dcp7010_1

ちなみに鈴木の所属する町内会では回覧板の印刷などに
ブラザーの「DCP7010(レーザープリンター)」を使っていますが、
レーザープリンターの場合でも純正品の方がいいです。


リサイクルトナーのレビューなどを見ていると、

「色が薄い」
「交換までのスパンが早い」
「結局高くついた」

といった評価が並んでいて、
やっぱり質もそれなりという印象です。

安物買いの銭失いという言葉もありますから、
やはり純正品を買っておいた方が間違いないでしょうね。 


 

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。