日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

「ゴールデンカムイ 7巻」考察。エディ(エドウィン)・ダン、そして北海道開拓史。

image_26

ゴールデンカムイの7巻が発売になりましたね~。
相変わらず濃いキャラクター達が跳梁跋扈してますが、
せっかくなのでちょっと違う視点からこの7巻を見てみましょう。

この7巻には「エディー・ダン」というアメリカ人のキャラクターが登場しますが、
大抵の方は…
  • Posted by -
  • Comment(0)
  • 14:38 | Edit

モリーユ&ギョウジャニンニク(プクサ)&ニリンソウ(プクサキナ)!ようやく北海道にも山菜の季節がやってきました!

image_30

実質的なゴールデンウィーク最終日ということで、
午前中に家族サービスした後しっかり(?)山に行ってきました。
もちろんこの季節なので、狙うのは獣ではなく山菜(&キノコ)!

今日のお目当ては…
  • Posted by -
  • Comment(0)
  • 21:54 | Edit

小樽に賃貸アパートを買ったので直してきました(その2)。

こんにちは、鈴木です。

先日買った賃貸アパートなんですが、
22戸もあるので部屋の状況がマチマチなんですよね。

「物凄くレトロな床なのに水周りはやたら綺麗」

とか、

「床と壁紙はバッチリなのにストーブが壊れてて点かない」

とかです。

こういうのは築年数の経過した物件なら当然っちゃ当然なんですが、
部屋数が多いとチェックするだけで一苦労です。

おまけに空室数が多いと全部直すのは費用面も大きくなります。
なので今回は軽微な修繕・リフォームでいけそうな部屋を直すことに。


image_1

今回目星をつけたのはこのお部屋。
南向きで床が明るく、汚れも少ないので楽に修繕できそうです。


  • Posted by -
  • Comment(0)
  • 15:01 | Edit

「北海道山菜図鑑 改訂新版」!漫画「ゴールデンカムイ」に登場する山菜やアイヌの調理法を網羅した一冊!

image_4


こんにちは、鈴木です。
春ということで今回は山菜に関する本をご紹介。

ゴールデンカムイファンの方にも是非読んでもらいたい本ですよ。

それが…

北海道山菜図鑑改訂新版 [ 佐藤孝夫 ]
価格:3024円(税込、送料無料)




北海道山菜図鑑 新改訂版

です!

この本は北海道に自生する様々な山菜をまとめて紹介しているのですが、
特徴的なのが巻末に「アイヌが伝えてきた山菜料理」という付録があるところ。
image_0

この付録が結構ボリュームありまして、
アイヌの方に関する聞き書きや山菜の調理法など、
アイヌ関連の情報だけで30ページ近くを(しかもオールカラーで)割いています。

image_2


またこの付録にはアイヌ関連の書籍ではよくお名前を拝見する、
「織田ステノ」さんのお話が出てくるのですが、それが漫画
「ゴールデンカムイ」に出てくるアシリパさんのエピソードとそっくりなんですよ。
ちょっと抜粋しますね。

image_1


「6、7歳の頃…(中略)…
近所の開拓農家に頼まれて手甲や脚胖を作ってな、
それを私が届けに行ったことがあったんだ。
お礼にと荷物を背負わされたんだが、
持ち帰って開けてみたらオソマ(糞※実は味噌)だった!」

「…(略)…
フチはそれでオハウ(汁)を作り、美味しいから食べろと言う。
妹は食べていたけど、私はオソマの汁なんか食べられないと見向きもしなかった。
その汁をやっと口にしたのは3、4日たってからだった。」


とまぁこんな感じです。「ゴールデンカムイ」作者の野田サトルさんも、
このエピソードを漫画へおもしろおかしく反映させたのかもしれませんね。

他にもアイヌの女性がどれだけ山菜を大事にしていたかといったお話や、
和人との交易でアイヌの食生活が大きく変わっていったというお話など、
山菜採りが趣味の方はもちろん、ゴールデンカムイファンの方が読んでも
なかなか楽しめる内容が満載です。

またこの本のもう一つの魅力は

「一つの山菜に対して写真の点数が多い」

ところです。
image_3

この写真をご覧頂ければお分かりの通り、
ひとつの山菜につき写真が最低でも5~7点は掲載されています。

また似た毒草のある山菜に関しては同じページ内に写真入りで紹介しつつ、
後半の毒草紹介ページでは毒草ごとに1つ1つページを設け、
複数の写真を入れて解説するという念の入り様。

芸が細かいことに、
毒草の写真は全て赤枠で囲まれていてめちゃくちゃわかりやすいです。

ゴールデンカムイによく登場する「ニリンソウ(プクサキナ)」は
猛毒の「トリカブト」とそっくりなので、このくらい丁寧に
解説されている本を持っていないとヘタに採取できません。



更にこの本に載っている山菜は特に北海道限定というわけではなく、
実は日本全土に自生するものが大半なんですよ。
写真点数が多く解説もしっかりしていますし、
これから山菜採りを始めようという方の入門書として非常にお勧めできます。

アウトドア好きな鈴木としては、
こういった本をきっかけに山菜採りをする人が増えてくれると嬉しいですね。

ゴールデンカムイ(3) [ 野田サトル ]
価格:555円(税込、送料無料)


ちなみにアシリパさんが初めて味噌を食べたのは、
「ゴールデンカムイ」の3巻です。以降の巻では味をしめたのか、
事あるごとにオソマを食べる機会を伺っているのが笑えます(笑)。

北海道山菜図鑑改訂新版 [ 佐藤孝夫 ]
価格:3024円(税込、送料無料)




「北海道山菜図鑑 改訂新版」のサイズはA5です。
価格はちょっと高いですが、1冊あればずっと使えますから、
ビニールカバーを付けてガンガン山に持っていって欲しいですね。


そして初めて山菜採りをする方にお勧めしたいのがこの背負いカゴ。
簡単に山菜が採れるような山でも意外と傾斜があったりするので、
「両手が使えるようにしておく」と無用な事故を防げます。
特に山慣れしていない人には必須のアイテムだと思います。

ちょっと値段は高いですがそうそう壊れるものではありませんし、
秋のきのこ狩りの時などにも使えるので便利ですよ。
山で片手使えないのってかなり不便なんですよね…



また山菜を採取する時は手でブチブチやってもいいっちゃいいんですが、
ギョウジャニンニクなどは根こそぎ抜かなければ翌年もまた生えてきます。

なので基本的にはこういった折りたたみナイフを使って、
丁寧に採取していった方が資源保護に繋がります。



デザイン違いでこういったナイフもあります。
上のナイフよりも価格的には安いですが、
シンプルで使い勝手が良さそうな感じですね。

上写真のナイフメーカー「ガーバー(GERBER)」と、
下写真のナイフメーカー「バック(BUCK)」は、
アウトドア用のナイフメーカーとしてどちらもとても有名です。

個人的にはシンプルでシャープな印象のバックが好きですが、
この辺は好みで選んでもらっても特に問題ないかなと…

狩猟の時と違い、山菜採りの場合は
超絶な切れ味を求められるわけじゃないので。



また、山菜というと日持ちしないイメージですが、
「北海道山菜図鑑」はアイヌ文化と絡めて山菜の長期保存法に
ついても触れられているのも魅力ですね。

鈴木のこれまでの記事、

リアル・ゴールデンカムイその2!
ヒグマのオハウ(ヒグマのチタタプ入り)を作ってみましたよ!


リアル・ゴールデンカムイその5!
第4巻登場の「ユクオハウ(エゾシカのオハウ)」を作ってみましたよ~!


では干した山菜(ニリンソウ)が登場しますが、
これらの料理にはこの本を参考にして作った乾燥山菜を使用しています。

この本にはフキの乾燥品も載っているんですが、
これはまだ試したことが無いんですよね。
冬場は青物が高くなりますし、節約のためにも試してみたいと思っています。

北海道ももうすぐ山菜が出てくる時期なので、
そういったネタも含めてこのブログで紹介していきますよ。
楽しみにしていてくださいね。








※お知らせ

最近ジビエ関連のコアな情報、貴重な情報は「note」で公開しています。
ヒグマの掌の下処理方法やタヌキのさばき方など、
珍しいネタを写真大量(相当数あります)で公開しておりますので、
興味のある方はぜひご覧下さい。

その他の一般的な記事は変わらずこちらに投稿していきますが、
よりディープで他には無い記事が見たい!という方は「note」でどうぞ!

鈴木のnoteマガジン、

ザッツレアグルメ!

 ~現役ハンターのレア食材料理~」 


こちらからご覧頂けます。

ちなみにネタがネタだけに、有料180円で公開しています。
決済はカードで簡単にできるようですのでぜひ覗いてみてください。
頂いたカンパを使って面白いネタに反映させていきたいと思っています。
  • Posted by -
  • Comment(2)
  • 15:00 | Edit

小樽に賃貸アパートを買ったので直してきました。(その1)

こんにちは、鈴木です。

先日小樽にアパート(22戸)を買いました。

P1280828


基本的に学生さん向けの物件なんですが、
一人暮らしの社会人の方にも住んでもらえるような、
ちょっとお洒落な感じにしたいな~と思っています。
P1290116

P1280957

IMG_6134


ただ、購入当初はなかなかな有様でした。

まず

「廊下の共用灯が全て切れてる」

んですよ。夜になったら廊下が真っ暗。
下がその廊下の写真です。

IMG_6073


携帯の明かりを頼りに各空き部屋のドアを開けてチェックしましたよ(^_^;)。

元々利回りが20%をゆうに超える築古(築31年でした)のアパートだったので、
瑕疵があるのは当然織り込み済みだったんですが…

「グロー球と蛍光灯を新しいのに換えてもつかない」

のにはさすがに参りました。

後で電気工事屋さんに来てもらったところ、
以前の持ち主さんがかなり配線をいじくったらしく
かなり強烈なことになっていたようで…

幸い大変良心的な業者さんだったので修理は格安で済んだんですが、
これから不動産投資に足を踏み入れる皆さん、共用灯の明かりがつかない場合は、
照明器具の故障だけでなく配線の方までチェックしておいた方がいいかもですよ。

IMG_6072


さて、今回アパートを購入するにあたって、
参考にした本は以下の通り。






「まずはアパート一棟、買いなさい!」

です。

高属性(医者・弁護士・税理士・一流企業勤務)の方なら、
貯金も沢山あるでしょうし買える物件も良いものが多いかと思います。

ただ、大半の人はそこまで属性が高くない(鈴木なんて自営業ですし)ので、
どうしても最初に購入できる物件となると築古の安いアパートになりがちです。

この本はそういった(低属性)方向けに書かれているので、
古い物件をどうやって安く買うか、ローンをどう引いてくるか、
良い管理会社をどう選ぶか、お金をかけずどうリフォームするか、
客付けしやすくするにはどうするか、といった広範な話題が網羅されています。

P1290032



まずこの本を読み込んで、ある程度頭に叩き込んでおけば、
変な物件に手を出してしまうことはないかなと思います。

特にこの本で参考になったのは利回りについての考え方ですね。
鈴木の住む北海道では札幌が人気の地域なんですが、
正直、札幌にはもうろくな物件が出回っていないんですよ。

利回り10%(家賃全額をローンに当てても、回収まで10年かかる)なんてザラで、
それ以下の物件が大量にあるような状態です。

たまに15%を超えるような物件が出てくるとすぐに取り合いですし、
ネット上に出てくるような物件は大抵強烈な瑕疵があったりします。
いい物件は不動産会社のお得意さんなどに流れちゃうんですよ。

IMG_6182


鈴木はそういう状況の中で1年近く札幌の物件を探し続けていましたが、
結局「これは!」というのが見つからず、範囲を広げて小樽で買うことにしました。



今考えてみると、こういった時間的余裕があって勉強できたからこそ、
今回のように多少建物に瑕疵があっても精神的ダメージは小さかった気がしますね。

利回りが大きい=回収までの期間が短い

ということですから、瑕疵はあって当然。
お金をかけて建物を直したとしても、20%を超える高い利回りが
かかった費用を吸収してくれるだろうという算段がありました。

これから不動産投資を始める方は、
ぜひこういった点に気をつけて物件を探してみてください。

P1290012


また、購入の際は

「物件を見させてもらった結果、
 修理代はこのくらいかかりそうです」

「その分値引きしてもらえないでしょうか」


といった形で売主さんと交渉してみることをお勧めします。

それで安くなった分を物件の修理費用に当てれば、
最初から綺麗にリフォームした状態で入居者を探すことができます。

これはかなりのアドバンテージだと思います。




この本はお勧めですよ。
ぜひ読んでみてくださいね。









※お知らせ

最近ジビエ関連のコアな情報、貴重な情報は「note」で公開しています。
ヒグマの掌の下処理方法やタヌキのさばき方など、
珍しいネタを写真大量(相当数あります)で公開しておりますので、
興味のある方はぜひご覧下さい。

その他の一般的な記事は変わらずこちらに投稿していきますが、
よりディープで他には無い記事が見たい!という方は「note」でどうぞ!

鈴木のnoteマガジン、

ザッツレアグルメ!

 ~現役ハンターのレア食材料理~」 


こちらからご覧頂けます。 
  • Posted by -
  • Comment(0)
  • 11:24 | Edit

書評「マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣」。

こんにちは、鈴木です。
今回は久しぶりの書評です。

「マッキンゼーのエリートが
 大切にしている39の仕事の習慣」


をご紹介しますよ。

マッキンゼーと言えばめちゃめちゃ有名なアメリカのコンサル会社ですが、
最近では経営コンサルタントの大前研一さんが
日本支社長を勤めていた会社としても有名ですね。

この本の何がいいって、
どんな環境でもそのまま活用できる汎用性の高さ!

仕事の効率化や実績を挙げるのに役立つのはもちろんですが、
それよりも良好な人間関係を構築するために役立つ情報が満載です。

また女性の執筆者ということもあるのか、文体がとても柔らかく、
なんとなく優しさに満ちている感じがします。


この本には

「ピュアで、素直で、明るい人は無敵!」

という一節があるんですが、

「自分はそんな風にはなれないな…」

と思っている方ほど、この本を読んでみてほしいなと思います。



というのも、この本では
「むやみやたらに優しくなれ」
といっているわけではないんですよ。

「自分自身が幸せになるためにどうしたら良いか」、
という視点で書かれているので、
とても受け入れやすいと思います。


実にいい本です。
ビジネス書という範疇を超えて、色々な方に読んで欲しいですね。




  • Posted by -
  • Comment(0)
  • 16:37 | Edit
キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。