日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。

最近ハマっている仮想通貨の話をしつつ、趣味の狩猟や旅行、料理の話なんかを書き散らかすブログです。

『旭川 高砂酒造 国士無双 本醸造』と『倶知安 二世古酒造 特別純米酒』をどちらも燗で!北見市内の鮨屋「たむら」さんで頂いてきました!

image_7

こんばんは、鈴木です。
第二子が産まれてからのんびりお鮨を食べに行くことなんてできずにいましたが…
今回は義実家のご厚意で北見市内のお鮨屋「たむら」さんへ行ってまいりました。

BlogPaint

北見市内には回転寿司で有名な「トリトン」さんもありますが、正統派の江戸前鮨を握ってくれるお店も何軒かあります。
その筆頭と言っても過言ではないのが「寿司の小林」さんでして、鈴木が今回行ってきた「たむら」 の大将はここで長年修行を積まれた方です。

日本酒も結構こだわった品揃えで、熱燗用には旭川の高砂酒造が醸す「国士無双 本醸造」を。
他にもニセコ町の二世古酒造が醸す特別純米酒や、山口県の「五橋」、秋田の「山本 ピュアブラック」などが冷蔵庫に鎮座していました。

image_1

今回は完全ゲストなので、お酒のチョイス以外はおまかせです。
春なのにかなり寒い日だったので、まずは熱燗を一杯。
銘柄は…

国士無双 本醸造酒 1800ml

価格:1,944円
(2017/6/26 16:20時点)
感想(1件)



こちら。
旭川に3軒ある酒蔵のうちのひとつ「高砂酒造」の「国士無双 本醸造」です。

奇をてらわずバランスが取れた造りの日本酒ですが、スッキリしていながら燗にするとコメの旨み、コクはしっかり乗ってくるという点が燗酒向きのテイスト。
じわじわ旨くてかつ飽きが来ない、普段飲みとして最適な日本酒だと思います。
鈴木はここのお酒、15~6年前から飲んでますが、昔に比べると顕著にレベルアップしているような感じがしますね。
旭川の居酒屋だと大抵ここの蔵の酒は置いてあると思いますので、出張される際は是非。

image_2

お通しは手作りのイカ三升漬け。
こーれが旨い!表面の歯触りには新鮮さを残しつつ、噛み締めればとろりと舌にまとわりつく感じがたまらんです。旨いなぁ。

image_21

3歳の娘にはミニミニいくら軍艦を作ってくれました。
お忙しい中わざわざ本当にありがとうございます。

image_3

image_4

流氷が去ってようやく解禁になった毛ガニでちびちび呑りつつ…

image_5

刺身も頂きます。
左からヒラメ、マグロの頭肉の炙り、甘エビ、〆サバ、マグロ赤身です。
1日寝かせたっぽいヒラメは旨みバッチリ。
脂の強いマグロの頭肉は軽く炙って、かつ大根おろしでさっぱりと。
甘エビは産地まで聞きませんでしたが、素晴らしい鮮度。
脂の乗った〆サバに角の立ったマグロ赤身も絶品でした。



image_6

子供がいるとあまり長居はできないので、早速握りを頂きます。
中トロにヒラメ昆布締め。ウマウマ。
家で作るとどうしても締め過ぎちゃって昆布の味ばかりになってしまいますが(それはそれで美味しいんですけど)、さすが程よい締め方です。
上に乗ってる梅肉も効いてます。スダチとかでも食べてみたいな。

image_8

網走のウニ。自分が知る限り、網走のバフンウニが日本で最も旨いと思います。
今回食べたものはそこまで味が濃いものではありませんでしたが、昆布をガリガリ食ってる「大当たり」のウニに当たると…そりゃもう忘れられないと思いますよ。


網走のバフンウニ、絶対損はしないので死ぬまでに一度は食べてみてください。
本当は北海道まで来てもらって良いお鮨屋さんで食べるのが一番なんですが、今は冷蔵技術も進歩しているので通販でも旨みを実感できると思います。

image_7

ここでお酒を変更。
倶知安町にある「二世古酒造」の特別純米酒ですが、楽天市場では取扱の無い銘柄でした。
ネットで探してみたものの、全く同じラベルの商品は見つからず断念。。。
こちらのサイトに載っている「吟風」の特別純米酒が一番見た目が近かったかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本酒 京極 純米 二世古酒造 720ml
価格:1728円(税込、送料別) (2017/4/11時点)


ちなみに今回飲んだ純米酒(二世古と大きく文字がラベルに描かれているものでした)はしっかり濃い目の味わいで、膨らみがありながら綺麗さも感じる丁寧な造り。
昔ははっきり言って特筆するべきことの無い蔵だった気がしますが、最近妙に美味しくなってきていますね。
杜氏さんが変わったんでしょうか。

アミノ酸由来の心地よい酸味とそれを下支えするような米の旨みがあり、最近は北海道の日本酒もバカにできないなと思わされました。
方向性は上で紹介した高砂酒造の本醸造とは全く違いますが、このお酒(銘柄名を紹介できないのがもどかしい)は通な日本酒ファンにも美味しく感じるお酒だと思います。
また「たむら」さんに顔を出したら銘柄名確認してみますね。
とはいえ、楽天市場での取り扱いがほとんど無いので遠方の方だと取り寄せられないかもしれませんが…

image_9

毛ガニの握り。
今回のは見た感じ800gは超えていそうな大物の毛ガニでした。
小さい毛ガニの方が味は濃かったりするんですが、この毛ガニは大きいにもかかわらず身質も味もしっかりしていて美味かったですね~。

ちなみにこのサイズの毛ガニ、ネットで買うと…


クソ高すぎで笑えてきます(笑)。
でも地元で買っても、この大きさだとやっぱり5,000円くらいしちゃうんですよ。
小さいものだと1,000円弱で買えることもあるんですが。。。

まぁ大きいと味噌もその分多いので、1尾買えば3人くらいまでは十分楽しめます。
あと、毛ガニって実は流氷明けの今頃(3月~4月)が一番旨いんですよね。
上記サイトは送料無料でかつレビューも多いので、毛ガニと北海道の日本酒を合わせてみたい!という方は試してみてもいいかも。

image_10

続いて小樽の蝦蛄を。
グニグニじゃなくてザクリとした食感。めっちゃいい蝦蛄ですねこりゃ。

image_13

ヤリイカのゲソを軽く炙り、大葉と海苔で。
あーーーーーー、たまらん。酒が止まらん。

image_15

あえて江戸前のネタを頼まなくてもいいかなーと思ってたんですが、ゲストの我々に気を遣ってくれたのか、義父がアナゴも食えーと(笑)。
塩+レモンであっさりと頂きます。

image_16

ど定番のイクラ。

image_17
 
マグロ中落ちの鉄火巻き。やばい。これ旨い。

image_18

最後に江戸前の定番赤貝をヒモと身の部分に分けて握ってくれました。
正直江戸前のネタに関しては関東の方が美味しいので敢えて地元では頼まないんですが、しばらく出張先で鮨を食べていないのでやっぱり嬉しいもんです。

BlogPaint

義父も義母も楽しそうで何より。

BlogPaint

さんざんイクラ欲を満たした娘も満足そうでした(笑)。
 「寿司の小林」さんは地元ネタより取り寄せた江戸前のネタが多いので、地元ネタが食べたい方は「たむら」さんの方がお勧めかもしれません。

いやー、大満足の夕食でした。ご馳走様です。 

道東プチ旅行!東藻琴『乳酪館』~斜里『知床キッチン 熊湖』~斜里『来運の水』!

image_20

こんばんは、鈴木です。
今回は知床方面をプチ旅行した際の簡単旅行記です。
あえて網走方面を通らず、内陸の大空町東藻琴などを通ってみました。

01

ちなみに今回通ったルートはこんな感じ。
北見市内からだと片道100キロくらいなので、
あまり飛ばさなくても楽々日帰り観光できる道のりです。

網走経由で知床に行くルートはもう飽きた~!
という旅好きな方には、このルートは結構お勧めです。
なーんにもないですけどね(笑)。

というわけでしゅっぱーつ!


image_0

裸の大将そっくりな娘(笑)。
お腹が…

image_14

北見から東藻琴町の「乳酪館」までは約45キロ。
チーズ作りのいろいろを学べたりなかなか楽しめるんですが、
大抵の方はここのミルクソフトorカマンベールソフトクリームがお目当て。

image_15

ご覧の通り、展示そっちのけで皆さんソフトクリームに並んでます。
現在は大空町に併合されてしまいましたが、
東藻琴村は美味しいチーズを作るので有名だったんですよね。

image_16

鈴木達は帰りに買うことにして、とりあえずここは退散。
並ぶの嫌ですし(笑)。

image_17

更に40キロ東へ進むと知床の玄関口である斜里町へ到着。
知床斜里駅より東に進む汽車(電車じゃないですよ)は無いので、
公共交通機関で知床に向かうのであればここからバスに乗る必要があります。

image_18

知床斜里駅からほど近くにあるのが「道の駅 しゃり」。
オホーツク海の海の幸を中心に、エゾシカを使ったぎょうざや北海道名物のいもだんごなど、
色々取り揃えています。ちなみにここで売っているサクラマスの一夜干しは絶品。
観光地価格かもしれませんが、一度買う価値はある美味しさです。

image_19

ほっけの一夜干しやカラフトマスなども取り扱っています。
稀にケイジ(鮭児)があったりもするのでお見逃し無く。

image_20

道の駅しゃりから道路を挟んだところにあるのが、
「知床キッチン 熊湖(くまこ)」。
鈴木も初めて入るお店だったんですが、これが意外といけたんですよ!

image_0

地元の食材を一度に味わえる「知床ブランド御膳」も惹かれますが、
なんとお値段2,100円(税込)…

いくらいいものを揃えているとはいえ、
本州から来ているわけでもないので観光地価格のメニューはパス。

しかしですねぇ…
この知床ブランド御膳のお品書き、なかなかそそるんですよ…

image_1

 ・斜里町前浜のいくら醤油漬け
   斜里の前浜で水揚げされる秋鮭の卵をオリジナル醤油だれと
   職人の技で漬け込んだ一品。
   粒の芯まで醤油をしみこませるノンドリップ製法を採用。

 ・鮭親子漬け
   自慢のいくらと鮭のルイベを独自の調味液で合わせてみました。

 ・オホーツクサーモン(からふとます)の花笠漬け
   脂のりの良いカラフトマスに塩、麹、米を三五八の割合で漬けて熟成。

 ・サチク赤豚
   大麦主体の植物性の餌で育てられた道東では結構有名なブランド豚です。
   しょうが焼きにして提供されているようでした。

 ・鮭酢〆
   斜里の前浜で水揚げされた雄の鮭を塩でしめ、
   酢とワインで調味し熟成。

 ・エゾシカ餃子

   知床は養鹿(ようろく、と読みます)施設があるんですよねぇ…
   我々が住んでいる北見市では、スーパーでここのエゾシカが買えます。
   ギョウジャニンニク(アイヌ語でプクサなど)入りでなかなか食べ応えのある餃子。

 ・斜里産ニンジンジュースゼリー
   100%斜里産のニンジンジュースで作ったゼリー。

 ・知床産でんぷん団子
   これは知床しゃりブランド品ではありません、とのことですが、
   実質この商品が一番北海道っぽい気がしますね。
   ただジャガイモのでんぷんを練って焼いただけの団子なんですが、
   中に金時豆が入っていて素朴な甘さが楽しめます。

とまぁこんな感じで、結構こだわって作られているようです。
遠方から来られる方はチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。



image_2

とはいえ鈴木は地元民なので、外れの無さそうな、
知床産一夜干しサクラマス定食(1,102円)をチョイス。

どうせサクラマスの切り身がぺろっとあるだけだろ、
なーんて甘く見ていましたが…

image_3

サクラマス半身って(笑)。
これで1,102円(税込)だと利益かなり圧縮されるんじゃないですか?

しかもこのサクラマス、見た目のボリューム感以上に味がいい!!

image_4

確かさっき見た道の駅では1枚1,500円くらいだったと思いますが、
これほど美味いなら土産品として買うのは全然アリですね。
(地元民なのに買ってしまった…)

image_5

嫁さんは何故かスパゲティにミートソースとカツが載っている、
釧路のB級グルメっぽいものをチョイス(笑)。
いや、これが正常な地元民の選択かもしれませんが(^_^;)

これもまた、意外(と言っては失礼なんですけど)に美味しくてびっくり。
なんだここ?思ったより本格的な店なのか…?と、
ちょっとゴローちゃん的に(脳内で)つぶやいてしまうくらい、
きちんと「ウマいもの」が出てきて驚きましたよ。

お酒も北海道の地酒がそこそこ揃っていた気がするので、

知床ブランド御膳をつまみ兼食事として楽しみつつ、

北海道の地酒をグイグイいくというのもアリだな…


なんて思ってしまいました。
う~ん、こういうとこで美味しいと嬉しい誤算に感じますね。


予想外の美味しい食事に満足したら、
水の質が良いことで有名な「来運神社」へ。

image_6

雰囲気が「もののけ姫」に出てくる「シシ神の森」っぽいとのことで、
ちょっと行ってみたかったんですよね。

image_7

おぉ~、確かに苔むしててそれっぽい感はあります。

image_8

が、有名すぎるのか観光客が多くて情緒は無いです(笑)。

image_9

美味しい水(硬水っぽかったですね)を沢山汲んで、退散。
ここの近くにはこの水を使った美味しいお蕎麦屋さんがあるので、
観光の方はぜひ行ってみるべきだと思います。

蕎麦処「らいうん」というプレハブの小さい小さい店で、
食べログでも3.5の高得点を挙げている隠れた名店です。
夏季は月水金の3日が休みなので、行くならスケジュール調整必須ですね。


image_10

来運神社を後にしたらそのまま元来た道を戻って再度「乳酪館」へ。
ここでソフトクリームを食べたら…

image_12

自由に子供を遊ばせることのできる広場がすぐそばにあるので、
ここでのんびり散歩しながら休憩。
芝生の感触が嫌なのか、泣きまくる娘(^_^;) ゴメンネ

いや、ほんとになーーんにも無いところなんですが、
それだけにのんびりできるんですよね。人も少ないですし。

たまにはこういう、のほほんとした旅行もいいかなと思います。
ぜひ機会があれば行ってみてくださいね。


今回行った知床しゃりの道の駅から至近のホテルがこちら。
天然温泉付きで部屋も非常~~~~に綺麗です。

ウトロに比べてこの辺はまだ交通アクセスが良いので、
知床観光前に一泊しておくとかなり旅程が楽になります。

斜里の町はそれなりに夜食べるお店もあるので、
(逆にウトロまで行ってしまうとホテルで食べるしかほぼ無い)
地元民が食べている食事が食べたい!という場合は、
実はウトロに泊まるより斜里の方が良かったりするんですよ。

知床里味ブランド一夜干し50

知床里味ブランド一夜干し50
価格:5,400円(税込、送料別)


めちゃめちゃ美味い一夜干しセット。
北海道は魚の種類に乏しいのが難といえば難ですが、
やはりそれを補ってあまりある味の良さがありますね。


買いに行くのが面倒臭い、注文して届くまでのタイムラグが嫌、
という方のために電子書籍のるるぶを。
PCの前にいながら観光雑誌が読めるのは今の時代ならではですよね。

今回の記事はかなりニッチなところを突いているので、
オーソドックスな観光地を確認したい時はこちらをどうぞ。


というわけで、久々の道東観光シリーズでしたがいかがでしたか?
他にも面白いところ、美味しいところは色々ありますので、
どんどん紹介していこうと思います。お楽しみに!
 

札幌大丸でヘルシーかつ安全・安心な昼食を取るなら…「さんるーむ」さんがお勧め!添加物のない食事なのでお子様にもぴったり!

image_1

鈴木はたまに家族で札幌に行くんですが、
その時に毎回困るのが食事する場所。

1歳半の子供を連れてフランス料理というわけにもいかないし、
かといってラーメンをたべさせるわけにもいかないし…

そういう時に大変便利なのがここ!

さんるーむ 札幌大丸店

です!

無農薬・減農薬の食材を使っているだけでなく、
栄養バランスを考えた献立になっているので、
育ち盛りの子供に食べさせる外食として最適なんです。

image_4

子供に食べさせる外食の何が大変かって、
野菜のおかずが少ないことなんですよね。

image_3

今回鈴木は「30品目の彩り旬菜御膳」というメニューを頼みましたが、
どれも丁寧なつくりで味もよく、子供にも安心して食べさせられる味の濃さ。

「札幌で子供に安心して食べさせられる食事は無いかな…?」


と考えている旅行者のお父さん、お母さん!
ここ「さんるーむ 大丸札幌店」はお勧めですよ!

image_2



もしよかったらこちら(↓)もどーぞ。
子供に安心して食べさせられる食材をちょっとまとめてみました。


【 家で子供に食べさせられる安心・安全食材! 】

まずはこちら!


全て国産・無農薬の十三穀米!
2,700円と少々高価ではありますが、
冷めても美味しく、かつご飯が冷えても美味しいままを保ってくれるので、
働くお父さんのお弁当にも最適だと思います。

あと、このお店はとてもデザインが綺麗で使いやすいですよ。
商品数もとても多いのでぜひ見てみてください。


レビュー投稿で送料が無料になるという、

「有機野菜のおまかせセット 8品目」!

こちらはただの有機栽培ではなく、
非常に厳しい条件を課される「有機JAS認定」を
獲得している数少ない農園さんの野菜です。
非常にお勧めです。


有機というと野菜だけと考えがちですが、
実はお肉も農薬の影響も受けます。
草食動物ですから当然といえば当然ですよね。

こちらの興農ファームさんの牛肉は脂質を少なく抑え、
(脂質にダイオキシンなど有害な成分が蓄積するため)
かつ安全な飼料を使って育てた安心・安全な牛肉です。

今回紹介したミンチのほかにも色々ありますので、
ぜひご覧になってみてくださいね。


以上です!
他にも発見したら色々紹介していきますね。

築地「寿司大」で鮨を食べるならこのホテルに宿泊するのがオススメ!築地市場すぐそば「東急ステイ築地」!

築地「寿司大」で必ずお鮨を食べるなら…

鈴木がオススメする宿泊先は

東急ステイ築地

です!!

 

朝8時に並ぼうものなら4時間待ちは当たり前。

朝食が昼食になるのは常識と言われてはや久しい、

「築地 寿司大」。

 

f:id:taberunomuasobu:20150924122107j:plain

 

非常~に美味しく(たまにシャリが柔らかめの時もありますが)、

かつ大変リーズナブル、そして職人さんのサービスがとても良いので、

並ぶのをわかっていてもついつい足を運んでしまう、という方は

多いのではないかと思います。

 

f:id:taberunomuasobu:20150924122127j:plain

 

鈴木はここで何度もお鮨を頂いておりますが、

昔に比べると更に海外からの観光客が増えて(特に中国人)、

今まで以上に並ぶ時間が長くなったように思います。

4時に到着しても1順目(15人以内)に入れないですからね。

 

f:id:taberunomuasobu:20150924122135j:plain

 

東京で、しっかり江戸前の仕事がされた美味しいお鮨を

リーズナブルに堪能するにはこの店以上のところはそうそう無いと

思いますが、とにかく早い時間から並ばないと入れないのが難点。

 

f:id:taberunomuasobu:20150924122157j:plain

 

まず、築地市場徒歩圏外のホテルに宿泊している人は、

最低でも2時間~3時間並ぶことは覚悟してください。

開店が5時からなので、徒歩圏外のホテルに泊まっていると

公共交通機関はタクシー以外使えないからです。

 

f:id:taberunomuasobu:20150924122208j:plain

 

地下鉄やJRの始発に乗って「寿司大」に着いたとしても、

間違いなくその時には超・長蛇の列ができています。

朝食が昼食になるコースまっしぐらです。残念でした。


 

f:id:taberunomuasobu:20150924122216j:plain

 

そんなに並ぶのは嫌だ~~~!!

頑張って朝早く起きるから、朝食に美味しい江戸前鮨を食べたい!!

というグルメな方にオススメの宿泊先が

東急ステイ築地

です。

 

 

なんといってもこのホテルは築地場外市場直結!

「築地 寿司大」までわずか220mの距離にある、

「寿司大」に最も近いホテルなんです。

 

4時にお店に着く予定が、寝坊して4時半に起きてしまったとしても、

なんとか2順目~3順目くらいにはお店に入ることができるので、

朝食と呼ぶにふさわしい時間に美味しい江戸前鮨が堪能できるはず。

 

「絶対食べたい!食べ逃したくない!」

 

という方はこちらに泊まっておけばとりあえず大丈夫。

他のお客さんに遅れを取ることはありません。

 

 

ホテル自体はとっても綺麗で清潔なつくり。

鈴木が泊まった時はフロントのお姉さんの対応がとても良くて、

長旅お疲れ様です的な言葉をかけてくれました。

ちょっとしたことですが、こういうのは嬉しいですよね。

 

また部屋自体もめちゃくちゃ広くはないものの、

価格が安い(たまたまかもしれませんが、7,000円台でした)上、

銀座へも徒歩でアクセス可能と、観光でもビジネスでも使える、

使い勝手の良さは魅力だと思います。

 

 

キノコやタヌキを採って(獲って)食べてます。アパート買って直したり仮想通貨投資もしてます(原資は狩猟でゲット)。また2019年北海道北見市にフランス料理の惣菜店兼レストランを開業予定。 狩猟採集でゲットした獲物も提供していきますよ〜!
QRコード
QRコード
お勧め楽天商品!
お勧めアマゾン商品!
記事検索
アーカイブ
仮想通貨の話をしながら鹿やタヌキやヒグマを獲って食うブログ。